アメリカのインフルエンサーマーケティング専門企業による成功の秘訣

法人・個人事業向けニュース

インフルエンサーマーケティングを使った広告は、ビジネスの成長を飛躍的に上げる鍵となっている。

自社サービスとマッチしたターゲットのセグメント、リーチする事で注目を集めれば、それまでよりも効率的なサービスアピールが可能となるでしょう。

そのために必要なのは、インフルエンサーマーケティングのキャンペーン展開を行う段階組みなんです。

具体的な目標数値設定

  • 自社SNSアカウントのフォロワー数UP
    1ヶ月以内にフォロワー数を1000人増やす
  • 下半期の売上を前年度よりも増加させたい
    下半期の売り上げを前年度比130%にする

インフルエンサーマーティングの運用前に、まずは上記のような目標設定をしよう。

各企業によってゴールは異なりますが、なるべく現実的な範囲でできるだけ具体的な数値目標を掲げる事が大切です。

その他の効果は重視しない

インフルエンサーマーケティングによって生まれた、目標以外のその他の効果に集中し、本来の目標を見失わないように注意が必要だ。

戦略立案は「How」&「What」を使え

目標設定後、インフルエンサーマーケティングの戦略では「How」に焦点をおきましょう。

飲食店の場合の一例

飲食店のマーケターならInstagramで自社のメニューについて投稿しているインフルエンサーにどうリーチするか、インフルエンサーのフォロワーを自社のSNSアカウントに誘導するには、インフルエンサーをどうキャンペーンに起用するかを考えることになる。

「How」が決まれば、次は細かな「What」を決めていこう。

✅「what」の一例

  • 起用インフルエンサーの選定
  • キャンペーンに使うプラットフォーム
  • インフルエンサー投稿のハッシュタグは何にするかか
  • 投稿頻度はどれくらいか
といったものが挙げられる。

しかし、実際は枠組み自体は良くても、個々の手段がうまく機能していない場合もある。

インフルエンサーはしっかり選定しよう

これがインフルエンサーマーケティングで最も重要な部分となります。

ブランドイメージに合った、バズるコンテンツを作り出すインフルエンサーを選定する事が大切です。

選定基準の一例

  • コスメの新作情報に敏感なインフルエンサー
  • instagramを活用してメイクテクニックを紹介するファンの多いインフルエンサー
  • ブランドイメージに合った年齢層のファンが多いか

キャンペーン終了後はしっかりと施策を評価

インフルエンサーマーケティングキャンペーンが終了した際は、しっかりとその評価をしておきましょう。

評価項目例

  • 設定目標は達成できましたか?
  • キャンペーン中にタグ付け投稿はありましたか?
  • SNS上の口コミ、評判はどうなりましたか?
戦略通りのセグメントにリーチできたかは別として、キャンペーンに使用した施策は広告担当者の今後の課題も明確になります。

インフルエンサーの数、投稿頻度、ターゲットセグメントは適切だったのか?などですね。

1つのキャンペーンが終了すれば、また次の目標が見えてくる事でしょう。

▼今すぐparamoでインフルエンサー広告を

必須氏名
必須メールアドレス
任意ツイッターID
任意インスタグラムID
任意ユーチューブID

利用規約に同意する (利用規約の確認はこちら)