広告のCVRを上げるには?

法人・個人事業向けニュース

企業のホームページや、営業メール、リスティング広告でPVは集まるがCVが出ない、CVRが悪すぎて費用対が悪すぎる。

せっかくお金と時間をかけて作ったコンテンツ、速く効果の出るものにしたいですよね。
今回は、そんな広告の悩みの種であるCVRの上げ方について紹介していきます。

本記事の内容

  • CVRが低い原因を解説します
  • CVRを上げる方法を紹介します
  • CVRを上げる具体的な施策を紹介
この記事を書いている僕自身、SEOメディアでのアフィリエイター出身で様々な広告運用に携わってきたので、記事の質も保証します。

CVRが低い原因

CVRが低い原因
そもそもCVRが低いのには、必ず原因があります。

CVRを上げるためには、この原因を根本から改善する必要があり、これができなければ何をしてもCVRを上げる事は不可能となるでしょう。

市場や環境の変化でCVRが下がる

リスティングやSEOなど、広告を出したい企業は年々増加している為、その分ライバルが増え、見込み客の奪い合いとなり、CVRが下がってしまいます。

これは避けられぬ事実なので、ライバルに対抗するにはやはり、質の高いコンテンツ作りが重要でしょう。

コンテンツに問題がある

CVRが低い原因の2つ目は”シンプルにコンテンツの質が悪い“という問題ですね。

情報量が多すぎてユーザーが迷子になるようなコンテンツや、誘導が少なかったり弱すぎたり。

とにかくコンテンツの質はCVRへ直接影響するものなので、しっかりとデータ解析、見直し、調整を行いましょう。

そもそも配信数が少ない

配信数が少なすぎては、はっきりとしたデータが図れません。

50人に配信してCVが0だとしても、1000人に配信すればCVが50件に到達するかもしれません。

効果の悪い広告はすぐに止める事も大切ですが、ある程度の配信は行った上で、正確なデータを見て判断していきましょう。

CVRを上げるコンテンツづくり

CVRを上げるコンテンツづくり
CVRを上げるのに必要なコンテンツ作りは、最低限下記3つのポイントがあります。

  1. ターゲットを明確化してCVRを上げる
  2. コンテンツの誘導設計を見直してCVRを上げる
  3. CVのハードルを下げてCVRを上げる
この3つの具体的な方法を、今から解説していきます。

ターゲットを明確化してCVRを上げる

ターゲットを明確化する場合、まずは下記の項目を設定してください。

  • 性別
  • 年齢
  • 趣味趣向
  • 収入
これは、もともとCVRの高いターゲットを狙って広告を打つことで、配信数を下げCVを取る事ができる為、必然的にCVRは向上します。

このターゲットの明確化をより正確に行えば行うほど、CVRは右肩上がりとなるでしょう。

ターゲットの明確化について

現在のCVから顧客情報などを分析し、年齢層や性別、どんなサイトから自社HPや製品LPへ流入したかなどの履歴を確認し、統計的なデータ解析を行う事で明確にターゲットを絞る事ができます。

コンテンツの誘導設計を見直してCVRを上げる

コンテンツの誘導設計に必要なのは、下記3つ。

  • 興味を引くキャッチコピー
  • インパクトのあるクリエイティブ
  • ユーザーの疑問を解決できる誘導
これさえできれば、あとはターゲットを明確化するだけで、私の経験上確実にCVRは向上しますね。

興味を引くキャッチコピーの例を上げると

シミ消し商材での一例

「【要注意!】シミ消し商品の98%は詐欺です。」というキャッチコピーに、リアルな動画クリエイティブ。

あとは、シミ消しのほとんどが嘘商品という根拠と、具体的な例示。そして、自社製品を紹介し嘘商品との違い、ユーザーが求める情報を盛り込んでLPへ誘導。

こんな感じです。

とにかく、インパクトが強くユーザーの興味を引き、あとはユーザーが製品を買わなければいけない理由を与える事でCVに繋がります。

CVのハードルを下げてCVRを上げる

これもCVRに大きく影響するポイントで、無料か有料かといったCV時のハードルですね。

初回登録手数料無料と、手数料3,000円では、全くCVRが異なるのは言うまでもありません。

このように、CV時のハードルを少し下げてあげる事でCVしやすくなり、結果としてCVRの向上に繋がります。

CVRの上がりやすいコンテンツ誘導

CVRの上がりやすいコンテンツ誘導

では、あらゆる広告運用方法がありますが、CVRが上がりやすいコンテンツとは一体どんなものなのか?

それは実は簡単で、誰もが知っていることです。

商標検索数を増やす

そう、”商標検索“ですね。

信頼性が高くインパクトのある広告配信を行い、見込み客を増やし商品認知を広めれば、商標検索でCVRの高い見込み客を自社ホームページへ簡単に誘導する事が可能。

しかし、今現在過剰広告でアドネットワーク広告は検挙されたり、googleのSEOアップデートによりアフィリエイト媒体は軒並み場外へ…。

ここで対策として上がったのが「インフルエンサー広告」となります。

インフルエンサー広告で信頼性を高める

インフルエンサー広告とは、インスタグラムやyoutube、twitterといったSNSで、それぞれの有名人を起用した広告運用。

アドやSEOとは違い、匿名性では無いため広告1つ1つの信頼性が高く、商標検索数の
増加率も高くなるのです。

インフルエンサー広告はフォロワー単価で広告費の計算を行うのが一般的で、広告費が高いのがデメリットとなります。

paramoでインフルエンサー広告を始めよう

インフルエンサー広告を運用するには、インフルエンサープラットフォームへ登録し、代理店経由での依頼が必要となります。

しかし、弊社で運営するプラットフォーム「paramo」は業界相場のフォロワー単価1円~3円という概念を無くし、最低実施金額0円で、インフルエンサーへの商品提供のみで広告依頼も可能。

インフルエンサーとの直接やりとりでの価格交渉、依頼となるので代理店も一切挟まずスピーディーな広告運用が可能です。

CVRの向上に、商標検索数の増加に、インフルエンサーを使ってみませんか?

\ 今すぐ無料登録 /

必須氏名
必須メールアドレス
任意ツイッターID
任意インスタグラムID
任意ユーチューブID

利用規約に同意する (利用規約の確認はこちら)