中国輸入!買付したい商品が買えない落とし穴!

個人ビジネスとして流行しつつあるEC事業。
通販ショップを開設し、D2Cにて商品を販売する個人事業主もどんどんと増えている今、そのビジネスの根源となるのが中国輸入ビジネスとなる。

中国輸入では、中国から日本よりも安い原価の商品を買付、日本で、日本の定価で販売し利益を得るビジネス。
しかし、そこには落とし穴も存在している。

中国輸入にて買付したい商品が買えない

中国輸入にて、買付したい商品が買えない事がある。
それは、船積み商品でよく起きるお話なんです。

基本的に小物や小ロットでの買付であれば、航空便にて郵送が可能になるんですが、キッチン用品や、キャンプグッズ商品など、危険物とされる商品が関係する商品は、船積み便にて、国内の税関をしっかりと通す必要がある。

ここで重要になるのがフォワーダーという存在。
中国業者も、このフォワーダーがいないと販売できない商品がある為、フォワーダーを見つけなければ買付できない商品も多数存在しているんです。

フォワーダーとは

フォワーダーとは貨物利用運送事業者の事を指します。
簡単に言えば、税関を通す為に、様々な資料を準備したり、手続きを行ってくれる人物で、このフォワーダーがいないと海外製品を日本で受け取れない事が多いんです。

なので中国輸入を始める際は、このフォワーダーを先に見つけておく事で中国輸入のビジネスはやりやすくなる。

フォワーダーになるには

フォワーダーとして活動する為の民間資格なども存在しています。
まだフォワーダーとして事業を行う場合は、いくつかの届出を行い、許可証をもらわないといけないなど、フォワーダーとしての道のりは以外に遠いもの。

なので中国輸入を行う際は、フォワーダーを抱える事業者に代行依頼を行う会社が多いんです。

中国輸入を制覇するには

中国輸入をこれから強化する方は、船積みにしっかりと対応した知識をまずは身につける事。
この知識を見つけ、対応策をしっかりと準備する事で、確実にライバルとの差を大きくする事ができる。

その重要なカギとして、フォワーダーがいるんです。

もしこれからフォワーダーを探したいという方は、海外ビジネスに強いdigima出島というサービスを活用してみて下さい。

海外ビジネスのプロフェッショナルと、個人や企業を繋ぐマッチングサイトとなるので、とても便利に活用する事ができます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着インフルエンサー

  1. インスタグラマー「Remi」さん

  2. インスタグラマー「リカにゃん」さん

  3. インスタグラマー「MASAKI」さん

記事を読む

新着情報 おすすめ記事
  1. 中国輸入!買付したい商品が買えない落とし穴!

  2. グーグルマップを利用したマイビジネス戦略とは

  3. インスタグラマーを使った広告戦略を自社の取り入れたい方におすすめのサービス

  1. インスタグラマーを使った広告戦略を自社の取り入れたい方におすすめのサービス

  2. 2021年おすすめの副業は何?ネットで稼げる副業をピックアップ

  3. インスタグラムを活用してアフィリエイトで成果をあげるには