インフルエンサー広告による広告不安の解消

法人・個人事業向けニュース
  • 広告業界ではSEOアップデートによる集客の下落
  • アドネットワークでの過剰広告による規制
  • リスティング広告の増え続ける広告規制
昨今、これらの問題が多くの広報担当者を悩ませている事でしょう。

SNSでのインフルエンサー広告が、対策として需要が急増している事をご存知でしょうか?

今回は、そんな広告不安とインフルエンサー広告の関係性についてのお話です。

インフルエンサー広告とは

インフルエンサー広告とは

インフルエンサー広告とは、SNS内の有名人による商品PR、口コミコンテンツでの広告運用を指します。

2017年より需要が急上昇し、現在も賑わい続けるこの市場は、現在の広告不安を改善する施策として役立つでしょう。

広告費問題とインフルエンサー広告

広告費問題とインフルエンサー広告
インフルエンサー広告でのコストは、基本的にフォロワー単価によって決まります。

業界相場は1フォロワーにつき1~3円が相場となりますが、これはSEOやアドの配信力に比べると費用対効果は悪い。

よって、インフルエンサー広告ではフォロワー単価をなるべく抑える事が鍵となります。

効果の高い広告出稿先の見極め

効果の高い広告出稿先の見極め
インフルエンサーといえども、それぞれ効果が全く異なります。

また、偽フォロワーを使い、フォロワー数だけでなんの効果も無いアカウントも多数存在し、この見極めも必要となってくるでしょう。

購入したフォロワーではなく、純粋なファンを多く持つインフルエンサーに広告出稿する事で、インフルエンサー本来のチカラが発揮されます。

どんなインフルエンサー広告が効果が出やすいのか?

どんなインフルエンサー広告が効果が出やすいのか?

  • 商品とインフルエンサーのカテゴリはマッチしているか
  • 投稿画像は宣伝くさくないか?
  • 投稿文が宣伝文句ばかりになっていないか?
  • 投稿に対するフォロワーからのアクションはどれほどか?
これらの要素を吟味し、商品のカテゴリに合ったインフルエンサーを起用。

魅力的な画像を使った、自然なSNSコンテンツを投稿してもらう事で、フォロワーからのアクションが増加。

インフルエンサー広告初心者は、とくにこの項目をしっかりと見極めよう。

インフルエンサー広告のデメリット

インフルエンサー広告のデメリット

  • 広告費が高い
  • 代理店とのやりとりで時間がかかる
  • 費用対効果が悪い

特にインフルエンサー広告のデメリットとして大きいのが、直接的なCVに繋がりにくい点です。

そこで弊社が運営するparamoでは、その対策となる施策をご提案させて頂いております。

paramoでインフルエンサー広告のデメリットを解消

paramoでインフルエンサー広告のデメリットを解消

  • 月額・登録手数料無料
  • 最低実施金額無し
  • 代理店不要の直接やりとり

paramoでは、上記の項目でインフルエンサー広告のデメリットを最小限まで抑え、みなさんに最高のサービスをご提供させて頂きます。

CVRの対策としても、paramoではインフルエンサー広告による「商標検索」の上昇を推奨しています。

これにより、リスティング広告で商標キーワードを確保さえしていれば、安定したCVRを維持し、CPAも抑える事が可能。

詳しい内容については、インフルエンサー広告運用の際に、お話するとしましょう。

\ 今すぐ無料登録 /

必須氏名
必須メールアドレス
任意ツイッターID
任意インスタグラムID
任意ユーチューブID

利用規約に同意する (利用規約の確認はこちら)